税理士法人ATO財産相談室
お問い合わせサイ トマップ | 個人情報保護方針
皆さまのライフプランの実現を目指す資産設計や相続対策、そして企業再編プランなど、オーダーメイドでご提供します
HOME 事業案内 クラブATOご紹介 会社案内 ATO通信
えーっと通信(スタッフリレー)
HOME > え〜っと通信(スタッフリレー) > 27号

スタッフリレー「え〜っと通信」
税理士法人エー・ティー・オー財産相談室 平成15年6月16日


資本金1円会社のマメ知識

執筆者/塩島 一茂 第27号
  資本金1円の会社をご存知ですか?従来、株式会社は1,000万円以上、有限会社は300万円以上の資本金を準備しないと会社を設立することができませんでした。しかし、この制度に特例が設けられ平成15年2月1日から平成20年3月31日までの期間に限り、最低資本金に満たない資本金で(つまり1円でも)会社設立が可能になりました。(但し、設立から5年以内に最低資本金までの増資又は合名会社等への組織変更をしない場合は、5年経過後に自動的に解散となります。)この特例により設立される会社は、従来と違い、経済産業局の確認という手続きを必要とするため、「確認会社」と呼ばれています。この確認会社、特例がスタートして数ヶ月で何百社も誕生しています。ATOでもこの特例を利用されるお客様がいらっしゃいます。それでは、実際に利用した際のポイントをいくつかご紹介致します。


1.「創業者」の確認手続き

  この特例措置は現在事業を営んでいない「創業者」を対象としているため、この確認手続きが必要になります。この手続き、一見大変そうですが、給与所得者の方は「源泉徴収票」、主婦や学生の方は「健康保険被保険証」の写しを用意すればOKです。特例をつくった手前、経済産業局は利用実績が上がることを期待しています。そのため、思ったほど審査は厳しくないようです。

<創業者とは>
1.事業を営んでいない個人で
2.確認日から2ヶ月以内に新たに
会社を設立し、
3.その会社を通じて事業を開始す
る具体的な計画を有する者


2.1円では会社ができない?

  資本金1円といっても実際は1円では会社設立できません。定款認証費用、登録免許税のほか諸経費をあわせ、株式会社の場合で約30万円、有限会社の場合で約20万円程度の費用がかかります。会社の運営にはさらに事業資金も必要になりますが、それでも開業資金が少なくて済むという点は、魅力ではないでしょうか。


手続き 費用 有限会社 株式会社
定款認証 収入印紙代 4万円
認証手数料 5万円
謄本手数料 250円×ページ数
登記申請 登録免許税 6万円 15万円
登録完了
確認
登記簿謄本 一通1,000円×必要数
印鑑証明書 一通500円×必要数


3.消費税の納税義務

 消費税法上、事業年度開始の日における資本金の額が1,000万円以上である法人は設立1期目から消費税の納税義務があります。そのため、最低資本金が 1,000万円以上である従来の株式会社の場合、1期目から消費税の納税義務があります。これに対し、資本金が1,000万円未満の確認会社の場合は、1期目について、納税義務はありません。(3期目以降は基準期間の課税売上高で判定することになります。)例えば、通常の株式会社の設立を考えている方にとって、2期目まで「資本金999万円!」というのも一つの手かも知れません。

図
(注)課税事業者選択届出書を提出した場合は、納税義務があります。また、1期目に1,000万円まで増資した場合、1期目は免税事業者ですが、2期目は課税事業者となります。
第28号へ 目次へ 第26号へ
資料請求
HOME事業案内クラブATO資料請求会社案内ATO通信え〜っと通信
スタッフ紹介人財募集資産税講演税理士の方へお問い合わせサイトマップ
税理士法人エーティーオー財産相談室
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー17階
税理士法人 エーティーオー財産相談室
TEL.03-5468-6700 
平日(月〜金) 午前9:00〜午後5:30
Copyright 2004-2006 ATO. All rights reserved.